忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/28 07:21 】 |
フラッシュや画像ばかりの特殊なウェブサイトの対策も可能!

時々オールフラッシュのページや、画像だらけのサイトの依頼を受けます。

SEO的にそれらの構造のサイトは不利と言われています。

しかしながら弊社では複数のサイトを上位表示させております。

サイトからクローラーに伝える情報が例えなくても、被リンク先からアンカーテキストやリンク周りの文章で伝えることは可能です。

しかも、今現在はアンカー分散よりも、アンカーはキーワードそのままである方が有利です。

アンカー分散が昨年後半から流行ったように思いますが、もう既にGoogle様はアルゴリズムの変更をしており、アンカー分散に群がるSEO会社やアフェリエイターやらの攻勢に対応済み。

やはり、コツコツサイトクオリティを上げることが一番重要なのです。

サイトクオリティは何も上位表示するサイトだけに限りません。リンクを供給するサテライトサイトの質も大変重要です。

この部分にも手を込めて、良い質のサイトから良い質のサイトへリンク供給して貰うことが上位表示の近道です。

弊社が対策をする時に一番重要視するのはライバルサイトのドメインやページ単位のオーソリティー度
です。

このオーソリティーはSEOスコアがどれくらい高そうか?を判断する大事な要因です。そして、質の高いサテライトサイトからど真ん中の直球でアンカーを付けながら施策を開始します。

外部対策、被リンク付けの技術が最大要因であることは今でも明白です。

内部対策も重要ですが、タイトルとサイトの文章量やカテゴリーなどテーマが対策するキーワードとどれくらいマッチしているか?そこが重要です。

外部で対策しているキーワードと内部で現れるキーワードの出現率やそれに伴う内容のサイトになっているか?その辺りが外部と内部のURL単位でマッチングしている場合上位表示はスピーディーに行われます。

しかし、フラッシュや画像のみのサイトは文章で伝えることが難しい為、外部対策で行うサイトのクオリティとリンク付けの細かな技術が重要になって来ます。

極端なことを言うと、外部対策のみでも外部対策力が高い業者の対策であれば十分可能です。

外部対策力の乏しい業者ほど、内部内部と内部部分のせいにする場合が多いですね。

内部部分がシッカリとしていてサイトのオーソリティが高いのは素晴らしい事ですが、そこをシッカリと出来る人はSEO対策会社にSEOの依頼をする必要がそもそも無い様に思います。

素人が出来ないことをやってこそプロ

SEO対策会社






 

PR
【2012/02/11 22:03 】 | seo
| ホーム | 次ページ>>